友人と1週間ゲームジャムをした

2019年11月2日

友人の「せいさくしゃ」と10月27日から約1週間、ゲームジャムをしてみた。

※ 開発は全てリモート。仕様は事前に考えておいた。

作ったもの

※「Chrome」と「Firefox」で動作確認済み。( Safariでは実行不可。一応「モバイル向け」のゲーム。 )

リポジトリ

やったこと

1日目

  • 開発環境の整備。
  • 陣地の作成。
  • 味方キャラクターの作成。
  • 敵キャラクターの作成。
  • キャラクターを選択する処理の作成。

2日目

  • 味方キャラクターの作成。
  • 敵キャラクターの作成。
  • 陣地内でキャラクターを整列する処理の作成。
  • キャラクターを発射する処理の作成。

3日目

  • 味方キャラクターの作成。
  • 敵キャラクターの作成。
  • 陣地内でキャラクターを整列する処理の作成。
  • キャラクターを発射する処理の作成。
  • 陣地の残機を表示するUIの作成。
  • リザルトの作成。
  • 画像の差し替え。
  • SE・BGMの追加。

4日目

  • 画像の差し替え。
  • カメラを移動する処理を作成。
  • カメラ位置の調整。
  • キャラのエフェクトの作成。
  • タイトルの作成。
  • ステージの作成。
  • ステージ選択の作成。

5日目

  • フォントを変更。
  • シーンの遷移時にフェードを追加。
  • タイトルの作成。
  • ステージの作成。
  • タップのエフェクトの作成。
  • カメラの移動制限を作成。
  • 地形の作成。
  • 各ステージの難易度を調整。
  • 細かいバグの修正。

6日目

  • 各ステージの難易度を調整。
  • 細かいバグの修正。
  • 動作テスト。

7日目

6日目で完成したため、なし。

使ったツール

フレームワーク

  • Unity( 2018.3.0f2 )

コミュニケーション

  • Skype

タスク管理

  • Trello

データ共有

  • Kibela( 仕様の記載先 )
  • Dropbox

バージョン管理

  • Bitbucket( サーバ )
  • GitKraken( クライアント、「理咲」が使用 )
  • Sourcetree( クライアント、「せいさくしゃ」が使用 )

感想

最初に使用するツールや仕様をきっちりと定め、その上で役割を分担したことにより、円滑に作業ができたため良かった。

反省点としては、「開発環境の整備にやや時間をかけてしまったこと」。そして、Unityで使える汎用的なスクリプトを持ってなく、かつ便利なアセットも知らなかったため、「全ての機能を1から実装しなければならなかったこと」( まぁこれは普段Unityでゲームを作ってるわけではないので仕方ない気もするが… )の2点。

今後もしゲームジャムをする機会があれば、この辺りは気を付けたい。