【Chrome】閲覧しているページのURLをSlackのチャンネルへ共有する拡張機能「Slinky」

2019年1月12日
Chrome

閲覧しているページのURLをSlackのチャンネルへ共有したいことがある。そんな時に使えるのが「Slinky」という拡張機能。

Chrome ウェブストア

設定

まずChromeに「Slinky」を追加して、有効化する。

次に上記のページを開き、「Legacy token generator」の項目から対象となるワークスペースのトークンを作成。そしてそのトークンをコピーする。

Slackのトークンを取得

コピーができたら、Chromeの右上にある「Slinky」のボタンからオプションを表示する。

Slinkyのオプションを表示

後はオプションで先ほどコピーしたトークンを貼り付け、共有先のチャンネルを設定する( #チャンネル名 )。

Slinkyのオプション

使い方

閲覧しているページで右クリックし、「Share page with team」をクリックする。これで設定したチャンネルへURLが共有される。

Slinkyでページの共有