【OBS Studio】Youtubeに配信する方法

2019年5月29日

OBS StudioでYoutubeに配信する方法をまとめた。

ダウンロード

手順

Youtubeのチャンネルを作成する

配信するにはYoutubeのチャンネルを作成する必要があるため、Youtubeのトップページにある右上のアカウントアイコンをクリックして開かれるメニューから「チャンネル」を選択して作成する。

( ※ チャンネル作成直後には配信はできず、作成してから24時間程待つ必要がある )

Youtubeのチャンネルを選択

Youtubeでエンコーダ配信を作成する

Youtubeの上部にあるカメラのアイコンから「ライブ配信を開始」をクリックする。

Youtubeの「ライブ配信を開始」を選択

そして、その後に表示される「新しいエンコーダ配信」でエンコーダ配信を作成する。

Youtubeのエンコーダ配信を作成

また、エンコーダ配信の作成後に「ストリームのプレビュー」が表示されるが、これは後で使用するため表示したままにしておく。

Youtubeのストリームのプレビュー

OBS Studioにストリームキーを設定する

OBS Studioを起動し、画面の右下にある「設定」をクリックする。

OBS Studioの「設定」を選択

次に「配信」の項目を選択し、サービスを「Youtube/Youtube Gaming」に変更する。

OBS Studioの配信のサービスを設定

そして、先ほど表示しておいたYoutubeの「ストリームのプレビュー」からストリームキーをコピーし、ストリームキーの入力欄に貼り付けて「OK」をクリックする。

Youtubeのストリームキーをコピー
OBS Studioのストリームキーを設定

配信を開始する

ここまでできたら、OBS Studioの右下にある「配信開始」のボタンを押す。

OBS Studioの配信を開始

すると、Youtubeの「ストリームのプレビュー」にプレビューが表示され、「ライブ配信を開始」のボタンが押せるようになるため、クリックする。

Youtubeの配信を開始

これでYoutube側の画面が配信画面に切り替わり、OBS Studioでキャプチャしている画面をYoutubeに配信できる。

Youtubeの配信画面

配信を終了する

配信を終了するには、OBS Studioの右下にある「配信終了」のボタンを押す。

OBS Studioの配信を停止

そして、Youtubeの配信画面の右上にある「ライブ配信を終了する」のボタンを押す。

Youtubeの配信を停止

これで配信を終了できる。