【WordPress】ディレクトリ内のPHPファイルを状況に合わせて読み込む方法

2018年8月14日
WordPress

ファイルが増えるたび、ファイルを読み込む文を記述するのが手間だったので対応した。

手順

読み込むファイルを区別するためのディレクトリを作成する

WordPressで読み込むファイルは下記の3つに区別される。

  • 管理画面で読み込むもの。
  • サイトで読み込むもの。
  • 管理画面とサイトの両方で読み込むもの。

そのため、それらに対応する3つのディレクトリを作成する。

※ ここではテーマのディレクトリ内にincludesというディレクトリを作成し、その中に対応する3つのディレクトリ( adminsitecommon )を作成した体で進める。

対象のディレクトリを作成

ディレクトリ内のファイルを読み込む関数を定義し、呼び出す

下記の関数を「functions.php」に定義する。そして、その直下で定義した関数を呼び出す。

function load_php_files() {
    $common_paths   = glob( TEMPLATEPATH.'/includes/common/*.php' );
    $context_paths  = is_admin() ?
        glob( TEMPLATEPATH.'/includes/admin/*.php'  ) :
        glob( TEMPLATEPATH.'/includes/site/*.php'   )
    ;

    $paths = array_merge( $common_paths, $context_paths );
    foreach ( $paths as $path ) require $path;
}

これで各ディレクトリ内のファイルは状況に合わせて読み込まれる。

ディレクトリにファイルを追加する。

後は、ディレクトリに読み込みたいファイルを追加する。

参考